後期高齢者医療制度

高齢者になると年金暮らしとなり、そのうえ病気の一つや二つをもっているのが当たり前の状況になります。高齢社会が予想されていなかった時代は、福祉の充実という意味で、高齢者の方は医療費の窓口払いが無料だったり、一部負担金があっても定額で少額で受診できたりしていました。ところが、国民医療費の増大も勘案し、高齢者にも少し負担をしてもらうべきだという考えが生まれました。そのような背景から平成20年4月から75歳以上の人を対象とした新しい医療制度がはじまりました。かつて、高齢者の方は国民健康保険に加入していたり、ご家族の保険の被扶養者になっていたりという形で医療保険に加入していました。後期高齢者医療制度では75歳になると後期高齢者医療の保険証が対象者に各市町村から送られます。後期高齢者医療の被保険者となるのです。保険料は、年金が年額18万円以上の人は、年金からの天引きで18万円未満の人は納付書により対応します。医療機関に支払う一部負担金は、原則1割ですが、一定以上の所得のある人は現役世代と同様の3割負担です。低所得者にたいする減免措置もあります。また、高額療養費の制度もあり、こちらは現役世代よりは負担が少なくなるよう設定されています。

コメントは受け付けていません。