厚生年金保険・共済年金など

日本にある年金制度にはいくつかの種類があります。その中でも公的年金と言われる年金制度があり、20歳以上60歳未満の国民が加入すべき年金が国民年金です。
国民年金をベースとして、会社員等のサラリーマンや公務員等が加入すべき年金が厚生年金保険になります。サラリーマン等の第2号被保険者は国民年金と合わせて加入する事となり、2階層の年金制度に加入します。そして公務員等は共済年金に加入する事になり、サラリーマン達と同様2階層の年金制度に加入しています。この様に職業によって加入すべき年金も変わってきますので、自分の職業に合わせてどの年金に加入しているのか把握をしておきましょう。この二つの年金に大きな違いはありませんが、共済年金に関しては、国家公務員や地方公務員、私立学校の教職員を対象とした共済等公務員の中でもさらに分かれてきますので、注意が必要です。国民年金をベースとして上乗せの年金制度に加入しているという認識で間違いありませんが、それ以上にさらなる手厚い年金制度を検討するのであれば、個人年金保険や企業型年金等に第3の階層として加入する事も可能ですので、自分の年金を一度見直し、将来の年金生活に備えましょう。

コメントは受け付けていません。