年金の仕組み

年金は、全国民が共通のものがまずあり、さらに会社員や公務員の人が加入している上乗せ部分となる厚生があり、公務員にはさらに職域加算があるといった具合に制度上なっています。
支給される条件があり、この制度に加入している期間が25年以上とされています。期間が長ければ長いほど将来支給される金額が多くなります。
しかし、旧社会保険庁の相次ぐ不祥事でこの制度への不信感が高まったために、その保険料を支払うことを拒絶したり、低所得により保険料の支払い自体ができない世帯が急増したために、保険料収入が低迷しています。一部報道などでは加入者の約6割程度しか払っていないという指摘もなされているようです。
今後の制度存続のためにも払えない人は免除制度があるので、制度の適用を申請するなどして未払いの期間が減るようにすることが大切であることと、払えるのに払わない人に対しては財産差し押さえなどの強制措置をとる必要があります。
この制度には年をとってから貰うものだと思っている人が多くいますが、実はそれ以外にも病気などで働けなくなったときに支給してくれる可能性があるため、未払いの期間をなくして、万が一に備えておくことができます。

コメントは受け付けていません。