労災保険

労災保険とは雇用保険と並んで労働保険のひとつです。
これは、その名の通り労働災害時に備えた保険です。

この保険は業務中のけがなどに対応した業務災害や通勤時の事故などに対応した通勤災害時のことをさし、健康保険が適用にならないときに、利用されるものです。

同じ労働保険の仲間でありながら、労働者と企業がともに負担する雇用保険とは異なり、こちらの保険は労働者には負担がありません。企業が全額負担します。

その負担の計算方法としては、各事業に応じた料率が適用されます。
一般的に事務職など事故が想定されにくい職場では料率は低く設定されており、現場業務では少なからず危険が想定されるため両立も高くなってきます。

また、一定期間労働災害が起きていない状態を保つと、その後料率は低くなっていきます。
これをメリット率といいます。
この保険料の低減措置があることで業務災害や通勤災害を隠ぺいするという企業もかつてありましたが、決して許されることではなりません。社会的制裁が加わり、企業として存続が難しくなります。

企業の担当者は保険の仕組みについて深い知識をもつ必要がありますし、保険料の申請や災害時の手続きは慎重に正確に行う必要があります。

コメントは受け付けていません。